国内事業所生産拠点

国内販売サービス拠点の地図とオフィス一覧表

国内販売サービス拠点の地図とオフィス一覧表

札幌オフィス
〒003-0027 北海道札幌市白石区本通21丁目
北1番8号 コマツリフト株式会社内MAP
TEL : 011-806-0081 FAX : 011-806-0082
仙台オフィス
〒983-0036 宮城県仙台市宮城野区苦竹2丁目7番20号
三菱重工仙台ビル3-CMAP
TEL : 050-3486-0027 FAX : 022-206-2189
小山オフィス
〒323-8558 栃木県小山市横倉新田400番地
コマツ小山工場 第一工場内 2階事務所MAP
TEL : 050-3486-0028 FAX : 0285-28-8317
関東オフィス
〒335-0016 埼玉県戸田市下前1丁目1番11号
アヴェニ−ル戸田B棟 2階MAP
TEL : 050-3486-0029(鍛圧機械、板金機械)
TEL : 050-3486-0030(海外サービス)
TEL : 050-3486-0031(国内サービス)
FAX : 048-499-3005
長野オフィス
〒382-0045 長野県須坂市井上690
コマツリフト長野支店 2階MAP
TEL : 050-3486-0032 FAX : 026-474-0482
静岡オフィス
〒435-0044 静岡県浜松市東区西塚町200
ガスビルサーラ 5階MAP
TEL : 050-3486-0038 FAX : 053-466-2047
名古屋オフィス
〒457-0835 愛知県名古屋市南区西又兵ヱ町1丁目25番1号
コマツ愛知オフィス内MAP
TEL : 050-3486-0034(鍛圧機械)
TEL : 050-3486-0035(海外サービス)
TEL : 050-3486-0036(国内サービス)
TEL : 050-3486-0037(板金機械)
FAX : 052-613-1710(鍛圧機械)
FAX : 052-613-1711(国内海外サービス)
FAX : 052-613-1712(板金機械)
北陸オフィス
〒923-0392 石川県小松市符津町ツ23MAP
コマツ粟津工場内
産機テクノイノベーションセンタ(TIC) 2階
TEL : 050-3486-0033 FAX : 0761-43-4719
豊中オフィス
〒561-0857 大阪府豊中市服部寿町5-133MAP
TEL : 06-6864-0014 FAX : 06-6864-2273
姫路オフィス
〒671-0253 兵庫県姫路市花田町一本松定池122
コマツ建機販売株式会社内 3階MAP
TEL : 079-253-6455 FAX : 079-253-6466
広島オフィス
〒731-5131 広島県広島市佐伯区藤垂園7番31号MAP
コマツ建販中国支社 事務所棟 1階
TEL : 050-3486-0041 FAX : 082-500-5524
福岡オフィス
〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎4丁目14番34号
コマツ箱崎ビル 2階MAP
TEL : 050-3486-0048 FAX : 092-289-0121
レーザサービス コールセンタ
TEL : 0761-43-4637(故障・サービス)
板金消耗品・金型 コールセンタ
TEL : 0120-917-650
FAX : 0120-936-396
産機テクノイノベーションセンタ
〒923-0392 石川県小松市符津町ツ23
コマツ粟津工場内(3階)MAP
TEL : 0761-43-4639 ロボットG
TEL : 0761-43-4637 レーザサービスG
FAX : 0761-43-4673 ロボットG、レーザサービスG

コマツ金沢工場の紹介

日本海沿岸の中心部に位置し、貿易の拠点として今後の発展が期待されている金沢港。 この金沢港に隣接する大浜地区に大型産業用プレス機械と超大型建設機械の生産工場として金沢工場があります。 コマツは産機事業の発展に向け、金沢港に隣接する金沢工場を生産拠点に活動しています。

コマツ金沢工場

【最新の製造設備】

最新鋭の極厚板用タンデム溶接ロボットを導入し、温度管理した機械加工エリアでは5面加工機が高精度加工を実現。更に測定設備であるレーザートラッカーによる品質保証をしています。 間仕切りにより一日の温度差を±2℃以内に保つだけでなく、稼働間仕切りによって機械加工エリアから組立てエリアへの移動をスムーズに行えます。 100トンの超重量物の運搬に対応したエアー搬送台車やクレーン設備を導入し、リードタイムの低減を実現しています。

【環境】

  • 除塩装置

    除塩装置

  • 防風対策

    防風対策

  • 金沢工場へ工場内部の作業環境と工場周辺の環境確保という2つの課題に取り組んでいます。 湾岸という立地条件に配慮した除塩装置、防風堤、入出荷時による風を防ぐ二重扉等の防風対策を導入し製品づくりを行う上での品質向上と安全性を追求しています。

【周辺環境への配慮】

  • 重量物を直接船積み

    重量物を直接船積み

  • 重量物を直接船積み

    重量物を直接船積み

  • 周辺環境への配慮として、道路排水の終末処理、各種省エネ対策を積極的に実施するとともに、港湾に隣接する工場として重量物を直接船積みすることにより、 物流の大幅な改善、CO2排出量の削減による地球環境にも配慮した工場を実現しています。

【ICTの活用】

更にICTを活用した最新鋭の工場として、設備の稼働状況などが、一目で把握出来るようになっており、「見える化」「見せる化」を実施しています。