冷間鍛造に特化したACサーボプレス

コマツ鍛造サーボプレス

H1Cシリーズ

H1C400 / H1C630 / H1C630L / H1C1000

  • 世界初冷間鍛造用サーボプレス
  • フリーモーションにより鍛造加工の領域が拡大します
  • 油圧プレスから鍛造サーボへの置き換えを提案
  • サーボBKO(ベッドノックアウト)
h1c

マイプレスモーションとACサーボ制御の組み合わせにより、高精度加工を実現します。
世界発のハイブリッドタイプの鍛造サーボプレスです。

世界初 冷間鍛造用サーボプレス

冷間鍛造の可能性を広げる要素をこの1台に

・高剛性・信頼のソリッドループフレーム
・高精度のためのプランジャガイド
・成形性にすぐれたマイプレスモーション
・冷間鍛造の可能性を広げるフリーモーション

モーション図

世界初の冷間造用サーボプレスです。

フリーモーションにより鍛造加工の領域が拡大します

マイプレスモーション/フリーモーション

フリーモーションの効果
1)耐焼付性と生産性が向上します。
2)複合加工へ利用範囲を拡大できます。(閉塞・分流・背圧鍛造など)

コマツ独自のマイプレスリンクモーションは、加工領域のタッチ速度が格段に遅く、スムーズな塑性流動で安定した高精度加工を実現します。さらにフリーモーションを設定すれば、 必要な位置だけさらに速度をおとして成形性を高めたり、スライドを往復させて流動性・張出性を向上させたりできます。

分流モーション/多段モーション

油圧プレスから鍛造サーボへの置き換えを提案します

深いカップの後方押出しや内外径のスプライン成形では、高い内外径の寸法精度と耐焼付き性が要求されるため、油圧プレスのように遅いスピードで成形する方が適しています。
しかし、油圧プレスは、生産性が悪く、メンテナンスが大変なため、コストが掛かります。
H1Cなら、フリーモーションにより、加工領域のスピードを自在にコントロールし、サーボモータならではの高いトルク能力と高い精度により、加工速度向上、精度向上、コスト削減が図れます。

サーボBKO(ベッドノックアウト)

フレキシブルな背圧制御が可能なサーボBKOにより、素材の流動をコントロールできるので、加工の幅が広がります。
ダイクッションのACサーボ制御によりこれらを実現します。

生産性の向上

・高いシステム応答性によるサイクルタイムUP
・段取り時間短縮

成形性の向上

・最適板押え力制御による高難度成形
・工程削減

低騒音

・予備加速・ショックレス停止による衝撃圧力の制御によるタッチ音低減

省エネ

・電源回生
・メンテナンス性向上

サーボBKO図

製品詳細

機 種 H1C400 H1C630 H1C630L
加圧能力 kN 4000 6300 6300
ストローク長さ mm 200 220 400
最大ストローク数 min-1 55 50 30
ダイハイト mm 460 520 1000
スライド調節量 mm 40 50 50
スライド寸法 左右 mm 700 800 800

前後

mm 500 600 800
ボルスタ寸法 左右 mm 700 800 800
前後 mm 600 700 800

お客様の声「H1C」

京都機械工具株式会社様

35度ヘリカルギアの焼結冷間鍛造においてサーボプレスの機能は重要です。スライドのモーションを細かく調整することで、生産性の低下を最小限に抑えながら、効率的に 高密度化を行う必要がありました。これは機械プレスでは不可能です。

お客様の声

加工事例

京都機械工具株式会社様

京都機械工具株式会社

焼結冷間鍛造の開発品事例

後方押し出し品

後方押し出し品

しごき加工品

しごき加工品