MAKER’S VOICE

これからの「ものづくり」をサポートする1ポイントサーボプレス「H1F-2」。コマツならではの特長を開発担当がご紹介します。

プレス加工の「見える化」をすすめるコマツのH1F-2なら「プレス加工の状態」「プレスの生産状況」がわかります。

特徴1:「プレス加工の状態」が「現場」でわかる。プレス加工の状態がわかる。生産中の変化がわかる。

調査時間の短縮、良品生産をサポートします。

プレス加工は一瞬で行われるため、これまで生産中の成形荷重や下死点位置の変化を知ることは困難でした。
H1F-2ならこれらを現場で簡単に確認できるため、調整時間の短縮や、不良発生の予防をサポートします。

サンプリング画像

プレス加工時のスライドの動きと成形荷重をグラフで表示。左右の荷重や、金型の調整による変化も現場で簡単に確認できます。

トレンド画面

生産中のスライド下死点位置、最大荷重(合計、左、右)の変化をリアルタイムにグラフ表示できるため、一目で推移を確認できます。
許容値をあらかじめ設定しておけば、数値の変化に応じて生産を自動で一時停止することもできます。

パソコンを接続することにより、波形データの保存やスライド速度などの確認も可能です。

特徴2:「プレスの生産状況」が「離れた場所」でわかる。プレスの生産状況がわかる。製品(金型)ごとの生産状況がわかる。

インターネットから生産状況を確認、生産性改善にもお役立ていただけます。

コマツのKOMTRAXだからできること

生産性改善のために稼働状況を把握しようとすると、これまでは人間によるタイムスタディが一般的で、計測とデータのまとめに時間がかかりました。
コマツのKOMTRAXはプレスの生産状況を刻々と正確に記録、インターネットから閲覧できます。
稼働状況、製品(金型)ごとの生産状況が見え、ワンクリックで日報の作成もできます。

PC画面サンプル

稼働状況はCSVファイルで出力が可能なため、
より細かくプレスの稼働状況を分析することも可能です。

これからの「ものづくり」をサポートする1ポイントサーボプレス「H1F-2」。コマツならではの特長を開発担当がご紹介します。

高精度加工には「剛性の高いフレームが不可欠」です。コマツのH1F-2はフレームの構造により「口開きをおさえる」

特徴3:「Cフレーム」の「口ひらき」を「おさえる」フレーム構造。口開きをおさえる。

高精度な加工を可能にします

Cフレームは作業性が良い反面、口開きが発生します。H1F-2はフレーム内側に厚板による補強を採用、口開きをおさえ、高精度なプレス成形を可能にします。

また高剛性・高寿命のために、フレームの板厚にもこだわっています。

イメージ写真

口開きが大きいと、前後の製品精度やパンチの摩耗に差が出ます。

特徴4:「Oフレーム」なら「口開き極小」さらに「剛性」も向上。Cフレームにくわえ、Oフレームをラインナップしました。

より高精度な加工や、暑板、ハイテン材の加工にお使いいただけます。

OフレームはCフレームに対して前後の口開きが極小になり、フレームの剛性も向上します。より高精度なプレス成形や、厚板・ハイテン材の加工を可能にします。

従来機に対しサイドオープニングを拡大、より大きな材料の板幅にも対応が可能です。